仕事のことや日々のことをコーヒータイムに少しずつ・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by shin1191
 
[スポンサー広告
くらべる図鑑
小学館の図鑑「くらべる図鑑」。最近の図鑑ブームを作り出したベストセラーです。つい先日出た続編の「もっとくらべる図鑑」などと合わせ累計100万部。図鑑としては異例の大ヒットを更新しています。
私はその「くらべる図鑑」で宇宙を、そして「もっとくらべる図鑑」では、飛行機から島や国までの大きさくらべのイラストを担当しました。
子供の頃、植物や動物の図鑑を見てその見知らぬ世界に感動したことを今でもよく覚えています。最近はインターネットで何でも情報が得られる時代ですが、そこで得た情報はあまり長く記憶に残らないような気がします。
やっぱり図鑑はこの分厚くて重い紙媒体だからこそ、内容の迫力も伝わるのかな・・?

もっとくらべる図鑑

くらべる図鑑

zukan04.jpg
「惑星の大きさ」体育館に太陽系を当てはめると、地球はドッジボール、火星はソフトボール、木星は運動会で使う大玉くらいになります。

zukan03.jpg
「惑星の速さ」太陽系で一番内側を回っている彗星はリニアモーターカー、一番外側を回っている冥王星はネコくらいのスピードになります。

くらべる図鑑
「惑星と月の重力」同じ選手が各惑星で走り高跳びを飛んだ場合の高さ比較です。一番下が太陽、一番上が月でのジャンプです。この絵、かなりシュールで、自分では気に入っています。

木下真一郎デザイン事務所
スポンサーサイト
Posted by shin1191
comment:0   trackback:0
[Works]  thema:日記 - genre:学問・文化・芸術
comment
comment posting














 

trackback URL
http://shin1191.blog.fc2.com/tb.php/6-dde639ac
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。